CAD/CAM

ローランドのミリングマシンDWX-50導入いたしました。
DWX-50は、世界中の歯科技工士の要望を元に専用開発した、歯科用ミリングマシンです。5軸制御による高精度切削と、ツールを自動で交換できるオートツールチェンジャー(ATC)をコンパクトな本体に凝縮。限られたスペースで設置できるコンパクト設計と快適な操作性を実現しました。ジルコニア、ワックス、PMMA、ハイブリッドレジン などの材料に対応し、クラウン、コーピング、ブリッジ、アバットメントといった複雑な形状の義歯も高品質に生産できます。
また、エアブロー装置と集塵カプセルを標準装備し、クリーンな環境を維持します。DWX-50はオープン・システムとして設計されており、デンタル用各種CAD/CAMソフトウェアや加工材料に幅広く対応。既存のCAD/CAMシステムとの連携、統合も可能にし、歯科技工のデジタル化をスムーズに支えます。


CAD/CAM冠の保険適用

平成26年度診療報酬改定により、先進医療において臨床が行われていた「歯科用CAD・CAMシステムを用いた歯冠補綴(全部被覆冠による歯冠補綴が必要な重度齲蝕小臼歯に係るものに限る。)」が、保険適用されるようになりました。


Copyright(c) MAX DENTAL Inc. All Rights Reserved.